よくある質問

Q 売る前に準備するものを教えてください。

売却相談は、あらかじめ所有不動産の詳細がわかるものを準備しておくと、相談がスムーズに進みます。
登記済証(権利証)または登記識別情報(担当者が、所有不動産の面積や名義人を確認するために必要です。)分譲時のパンフレットや土地の測量図面や建物の図面など

Q売出価格はどうやって決めるのですか?

「査定価格」を参考にして、お客さまが決めるケースが一般的です。
お客さまからの売却プランをお伝えいただき、最終的に決定します。
「希望価格」と「査定価格」に差がある場合は、担当者と十分に打ち合わせてください。

Q住みながら売ることは可能ですか?

可能です。中古物件の場合、住みながら売却を進めているというのが実情です。
事前にご連絡のうえでお住まいをご案内させていただくことがありますが、その際には担当者が立ち会いますので、ご協力をお願いいたします。

Q販売活動は、どのようなことをしますか?

At home(アットホーム)やフレンズ、不動産ポータルサイトへの物件掲載。
チラシ、オープンハウスの開催。 指定流通機構への登録などを実施いたします。
ただし、近所に知られたくない方など、ご事情がある場合は、 限定した方法などで広告いたします。

Q住まい購入時の諸費用はどのくらい必要ですか?

売買代金以外にかかってくる諸費用については、登録免許税、印紙税、ローンを利用する場合の事務手数料、不動産取得税等の税金や、保険料、保証料など、さらに中古物件などでは仲介手数料もかかってきますので、一般的に売買代金の5%~10%程度かかります。準備は万全にしておきましょう。

Q不動産購入時の手付金は、どれくらい必要ですか?

手付金を極力抑えることはできますが、一般的には手付金は売買代金の10%を売主様に支払う事が多いです。
契約を解除したい場合に手付金を放棄することで、無条件で契約を解除することができます。
したがって、簡単に契約の解除ができないように売主様、買主様にとって、小額の手付金はあまり望ましいものではありません。

Copyright(c) 2017 たかはた不動産-八幡西区、若松区、中間市、遠賀郡を中心に 中古住宅をご紹介しています- All Rights Reserved.